今、さざれ石がインテリアに人気があるということをご存知ですか?

さざれ石は、空間の浄化や開運アップにも高い効果があるとされているとされています。そんな万能な石の効果や、インテリアとしてのおすすめの飾り方などをご紹介します。

さざれ石を使ったインテリアの例

小瓶に詰める

小瓶にさざれ石を詰めて空間を浄化するインテリアです。気分が落ち込んだり、嫌なことが続くときは、家の中を浄化して気分をリフレッシュすることが大切です。さざれ石なら、可愛く小瓶に詰めて、おしゃれなインテリアとして大切な空間を浄化することができるので、インテリアの上級者ともいえるでしょう。

・開運におすすめの位置
玄関、寝室、リビング、お風呂場、キッチン、トイレなど。

・ 飾り方のポイント
小瓶のフタをつけずに置いておく方が浄化の効果がアップします。

お皿に敷き詰めてジュエリー置き場にする

さざれ石をお皿に敷き詰めて、指輪やネックレスなどのアクセサリー置き場として使えば素敵なインテリアになります。

・ 開運におすすめの位置
リビング、寝室など 。

・ 置き方のポイント
フタのないお皿にさざれ石を平らに広げて、リングやピアスが落ちないようにさざれ石の中に少し埋めて飾るとかわいいインテリアとして活躍します。

さざれ石の色は何色がおすすめ?

さざれ石は透明な水晶が一般的ですが、ピンクや黄色など色のあるさざれ石もおすすめです。以下に代表的な色のさざれ石を抜粋してご紹介します。

パワーストーン名効果
ピンク色のさざれ石ピンクオパール、ピンクトルマリン、
ローズクォーツなど。
ピンク色は幸せを引き寄せる明るいエネルギーを持つとされています。
ピンク色のさざれ石で女子力アップのインテリアはいかがでしょうか。
ブルーのさざれ石 ブルーレース、ラピスラズリなど。 ブルーのさざれ石は心を冷静にして落ち着かせる効果があるといわれています。
直観力を高めて幸運を呼ぶ効果があるとされています。
黄色のさざれ石シトリン、
タイガーアイなど
黄色は金運や財運に良いとされることから、
黄色のさざれ石を置くことで金運や財運をアップするお守りとして活用できます。

インテリアにさざれ石を置く効果

新築した家や引っ越した部屋の浄化をするために、お守りの意味のインテリアとしてさざれ石を置く人がとても増えています。 の良い家に住むことによって住む人の運気も上昇するといわれています。

何か暗い印象があるような気が滞留している家に住んでいると体調に影響し、疲れやすく物事がうまくいかない場合が多いです。

そんなときは、さざれ石をインテリアとして置くことをおすすめします。さざれ石がキラキラと美しく輝いて空間をきれいに浄化してくれるでしょう。また、さざれ石を眺めることによって住む人にも癒しを与えて運気を上昇させる効果があるといわれています。

開運におすすめの位置

さざれ石による浄化は、パワーストーンだけではなく家の中に置くことで、お部屋の気の流れを浄化して良い状態に調和するといわれています。 キラキラと輝く天然のさざれ石が、家の中の各場所で気の流れを良くして活躍してくれるでしょう。

さざれ石を置いて開運するおすすめの位置は、 玄関、リビング、寝室、トイレなどさまざまな場所に適しています。

さざれ石を置く場合の注意点

透明感が高いさざれ石を選ぶ

玄関や、普段あまり灯りを付けない暗めな部屋にパワーストーンを置く場合は、輝きに艶があって透明感が高いさざれ石を置くようにしましょう。

玄関やあまり利用しない部屋は常に人がいる場所ではないため、灯りを消して暗い状態になっている事が多く、そこに明るいさざれ石を置くことで、気の流れを良くしてライトアップ効果を高めて運気をアップさせる効果があるとされています。

クリーンな状態でさざれ石を置く

部屋にさざれ石を置いたままにしておくと、当然ホコリで汚れてきます。さざれ石にホコリがたまってしまうと、悪い気を吸い込んでしまいます。悪い気を吸い込んださざれ石は、一気にパワーダウンして浄化の効果がなくなってしまうので、常にホコリがたまらないように清潔さを保って掃除を心がけましょう。

また、さざれ石もパワーストーンですので、浄化が必要となります。さざれ石のおすすめの浄化方法は、満月の夜に月の光に当てる月光浴や、ホワイトセージを燃やした煙で浄化をするセージの浄化など。

通常のパワーストーンを浄化することと同じように、さざれ石も浄化をすることが大切です。さざれ石を浄化する頻度は1、2ヶ月に1度くらいがよいでしょう。