突然、いつも身につけていたブレスレットがプツンと切れると、なんだか不安になってしまいませんか?

果たして、ブレスレットが突然切れることは縁起が悪いことの証拠なのでしょうか?この記事では、数珠ブレスレットが切れたり弾けた意味や、どんな前兆をもつのかについて解説します。

数珠ブレスレットが切れたら縁起が悪い?

数珠ブレスレットはご自身と仏様ご先祖様との深いつながりがあるといわれています。そのため、ブレスレットのひもが切れてしまうと心穏やかではいられないと思います。

数珠ブレスレットはご自身の身を守ってくれているお守り代わりですので、何かを知らせてくれているという場合があります。ではこの後の意味と前兆に詳しく書いていきます。

数珠ブレスレットが切れた意味と前兆

危険なことが起こる事態を意味する場合がある

数珠ブレスレットが切れた時の意味のひとつとして、ご自身の身に危険なことが起こるかもしれないときに数珠ブレスレットが身代わりになり知らせてくれていることが、時々あるようです。

また、しっかりと日々の浄化をできていないときも同じような現象がおこるようです。

いつもと同じ生活スタイルなのになんだかソワソワするときや、落ち着きがないときに胸騒ぎを感じるときは前兆が来ているのかもしれません。

ほかには繋げているひもの劣化も考えられますので、日ごろから気にしてみてあげてください。ひもの劣化の際はハリ感がなく感じられます。そんな時は店頭で早めに見てもらうことをおすすめいたします。

基本的に、縁起が悪いわけではない!

上記であげたのは例ですが、数珠ブレスレットが切れたら必ず、何らかの虫の知らせであったりご自身の身を守ってくれていたりと縁起が悪いというものではないようです。100%不幸が起こるという訳ではないので安心してください。

数珠ブレスレットはご自身とご先祖様を繋いでいるモノでもありますので、決して、縁起をつなぐものではないと思ってもよいと思います。

数珠ブレスレットが切れた原因

単純に数珠ブレスレットの劣化

なぜ数珠ブレスレットが切れてしまったのかと考えたときに特に思い当たるような身の危険を感じない場合は、ブレスレットのゴムひもがのびていたり、劣化していることがあり得ます。

切れてしまったときにはゴム紐を見てみるといいでしょう。細くなっていたり、ところどころこすれが見えることもありますよ。

石たちがストレスを感じている

ほかに考えられることとしては、浄化を怠ってしまい数珠ブレスレットの石たちがストレスでいっぱいになってしまったことです。

人間も疲れをため込みすぎると心身ともに疲れてしまうことがあるかと思います。はじけたように切れてしまうようですので気を付けてください。

いきなりブレスレットが切れる意味

先ほどもかいたように、ブレスレットに大きなストレスが溜まっているときが多いようです。

昨今、どんなに癒しを求めてもなかなか完全なる癒しが人間も得られないように、数珠ブレスレットも浄化をしていてもときには強めの浄化をしてあげなければしっかりと癒されることは難しいようです。

劣化でなく切れてしまったときはご自身の体を休息させてあげることも大切ですので、数珠と一緒に、自分自身もゆっくりと休息をとってあげることをおすすめいたします。