生年月日を用いる占いはいくつかありますが、パワーストーンと密接な関係にあるのが「数秘術」です。数秘術は生年月日の数字を計算するだけであなたの「運命数」がわかります。

ここでは数秘術で「22」の方向けに、22の意味・22の天然石を紹介します。22を生活に取り入れてみましょう!

運命数とは?数秘術の計算方法

数秘術における運命数はあなたの生年月日を使用します。

例1:2003年1月3日生まれの場合、2+0+0+0+3+1+3=9 数字が1桁の場合、計算はそこで終了。運命数は「9」となります。

例2:1992年8月11日生まれの場合、1+9+9+2+8+1+1=31 → 3+1=4 となり運命数は「4」となります。

例3:1990年1月2日生まれの場合、1+9+9+0+1+2=22となります。22や33といった同じ数字が並ぶときはこれ以上計算をしません。この人の数秘術における運命数は「22」となります。このような数字をマスターナンバーと呼びます。

マスターナンバー22がもつ意味

カリスマ性

数秘術でマスターナンバー22の方は、やり手の営業マン・起業家・芸能界のような華やかな場所でカリスマ性を発揮すると言われています。カリスマ的存在はなろうと思ってなれるものではなく、生まれながらのセンスとも言えるでしょう。数秘術で22はとても魅力的な存在。周囲の人から大きな期待・注目が集まりそうです。

強運の持ち主

運命数22の方は、数秘術の数字のなかでも特に強運を持っているようです。あなたが気がつかないうちに、トラブルや危険なできごとを回避しているかも。何かに抜擢されたり、仲間が助けてくれたりと強い運勢が味方してくれるでしょう。

運命数22の天然石

エメラルド

エメラルドは、家庭円満・夫婦円満の意味が込められています。パートナーや子どもとの良い関係をずっと続けていきたいという方は、お守りとして身につけるといいかもしれません。エメラルドはクレオパトラが愛した宝石として有名。美しさとパワーストーンとしての効果、どちらも楽しめそうです。

ルビー

ルビーは、積極性・行動力を高めると言われるパワーストーンです。ルビーは宝石としてのイメージがありますが、パワーストーンとしても良い効果を発揮します。女性向けの石をイメージする方も多いですが、情熱的な赤色は男性にも人気。数秘術においてもルビーは心強い味方と言えるでしょう。

アパタイト

アパタイトは、スキルアップや自己表現力の向上が期待できます。資格取得・昇進試験など社会人がレベルアップする過程において、大きなエネルギーを与えてくれそう。アパタイトは濃い青色から鮮やかな水色のものまで種類が豊富です。あなたにあったカラーのアパタイトを見つけてみましょう。

運命数22の人におすすめの組み合わせ

エメラルド ✕ ペリドット

エメラルドとペリドットを組み合わせることで、人間関係を良好に保ちトラブル回避が期待できます。どちらの石も、持ち主と周囲の人を良い関係に導くと言われています。仕事柄初対面の人と会うことが多い方、お客さんとの信頼関係を大切にしたい人におすすめの組み合わせです。

ルビー ✕ インカローズ

ルビーとインカローズを組み合わせることで、数秘術で22の女性の恋愛のお守りとして活躍するでしょう。どちらも良縁・素敵な恋愛を呼び込むパワーストーンで、身につけることで数秘術的にも相性の良い相手に巡り会えるかも。どちらも赤色のパワーストーンのためブレスレットにすると、手元を華やかに見せてくれるでしょう。

アパタイト ✕ ラブラドライト

アパタイトとラブラドライトを組み合わせることで、ビジネスにおける目標達成に良い影響をもたらすでしょう。就職・転職はもちろん、独立や昇進など、あなたが理想とする仕事での自分のあり方を見つけられそう。運命数が22で、仕事に対する目標に迷いがある方におすすめの組み合わせです。

22の性格特徴とスピリチュアル的な意味

22の性格:バランスの取れた考え方ができる

数秘術で22の方は、感情・思考においてバランスの良い発想ができるようです。自分の意見を通しつつも周囲の人に気を遣ったり、情熱を持ちながらも常に冷静であったりと、周囲の人からも好かれそう。偏った考えを持たないため、あなたに助言を求める人も多いかもしれませんね。

愛情深い人柄

数秘術で22の方は年下の面倒見がよく目上の人との付き合いも難なくこなすことから、話し上手な一面があると言われます。相手を理解し深い愛情で包むことができるため、老若男女問わず好かれているはず。平和的な心を持ち、優しさにあふれている人と言えるでしょう。