チャクラとはサンスクリット語で「円」を意味します。第1から第7チャクラの7つのチャクラが該当し、体の頭頂部・喉など体の各部位に存在します。

チャクラはエネルギーを取り込んだり排泄したりと、出入り口のようなもの。ストレスなどが原因でチャクラが弱まったとき、活性化させることで日々豊かになれると言われています。

この記事ではパワーストーンでチャクラを癒す方法を解説します。

パワーストーンがチャクラに与える影響

パワーストーンの持つエネルギーは、チャクラに良い影響を与えると言われています。チャクラを開いたり活性化させたりと、パワーストーンの発する「波動」があなたのチャクラへエネルギーを送ります。

チャクラは、エネルギーを取り込んだり排泄したりする場所です。人間の代謝と同じように、活性化させることで心身を良好に保てるでしょう。

パワーストーンでチャクラを癒す方法

パワーストーンブレスレットやピアス、ネックレスといったアクセサリー類を身に着けることで、チャクラを癒すことができるようです。おしゃれでありながらチャクラを癒せるため、手軽にチャクラを整えたい方におすすめ。

すべてのパワーストーンが第1から第7チャクラのどこかに当てはまるわけではありません。チャクラを癒したいときは、気になるチャクラに合ったパワーストーンをあらかじめ調べておきましょう。

チャクラに効果的なパワーストーンの使い方

パワーストーンをチャクラの部位に当てることで、チャクラの活性化が期待できます。第1から第7チャクラには、チャクラに対応したパワーストーンが割り当てられています。

例えば第5チャクラの部位は「喉」と言われており、第5チャクラの対応パワーストーンは、サファイア・ラピスラズリ・ラリマー。このパワーストーンを喉に当てることで、第5チャクラを活性化できるのです。

ヒーリングに最適と言われる天然石

ラリマー

ラリマーは「世界三大ヒーリングストーン」のひとつで、非常に強力なヒーリング効果が期待できます。第5チャクラに対応しています。

自己表現や他者とのコミュニケーションが苦手な人におすすめ。引っ込み思案・ネガティブな性格の方のチャクラを活性化させるのにぴったりのパワーストーンです。

スギライト

スギライトもラリマー同様に「世界三大ヒーリングストーン」のひとつ。第6チャクラ・第7チャクラに対応しています。見た目は濃い紫色をしており、色が濃いほどエネルギーが強いと言われています。

心身を癒すとともに、過去のトラウマを取り除く効果が期待できます。過去の恐怖・不安といったものに縛られている方におすすめのパワーストーンです。

パワーストーン以外でチャクラを癒す方法

腹式呼吸をする

腹式呼吸とは、鼻からゆっくりと息を吸い込み口から吐き出すこと。チャクラを癒すためには、腹式呼吸に加え各チャクラのイメージが必要です。チャクラを癒す腹式呼吸の方法は、

  • 鼻からゆっくりと息を吸い込み、口から吐く
  • 第1チャクラから第7チャクラまで順に意識をしながら呼吸を繰り返す
  • 第7チャクラまでイメージしたら第1チャクラにエネルギーを戻すように意識
  • 最後に呼吸を整える

腹式呼吸はチャクラを癒す以外にも、イライラしたときや不安を抱えたときにもおすすめです。5回程度目を閉じて深く呼吸することで、心を落ち着けることができるでしょう。

チャクラに合った周波数を聴く

各チャクラには良い影響が期待できる周波数があります。チャクラを癒す、活性化させるときは以下の周波数の音楽を聴くとよいでしょう。

第1チャクラ396Hz
第2チャクラ417Hz
第3チャクラ528Hz
第4チャクラ639Hz
第5チャクラ741Hz
第6チャクラ852Hz
第7チャクラ963Hz

こちらの動画では、各チャクラに応じた周波数を聴くことができます。すべてのチャクラの音を聴けるので、全身のチャクラを活性化させたい方におすすめ。気軽にチャクラを癒す方法のひとつなので、気になる方は試してみるといいかもしれませんね。