この記事ではまず、運命数とはなにか数秘術とはなにかという基礎知識を紹介していきます。また、数秘術6をもつタイプの人の性格特徴とラッキーカラーについてもお話ししていきます。

運命数とは?数秘術の計算方法

占いで運命数同士で相性の良い運勢の人を探すことが流行ってきているとされています。そんな占いにまで人気になってきている運命数についてお話ししていきます。

運命数とは?

自分の運命数をしっかりと答えることができる人は少ないと思われます。それだけ日常的に使われているものではないとされているからです。ただ、運命数・数秘術で求められるナンバーからは簡単な性格診断のようなものもできますし、相性の良い天然石やラッキーカラーが分かることもあります。

そんな運命数とは自分の生年月日から求められる数字のことを言います。

数秘術の計算方法

数秘術は自分の生年月日をそれぞれ1桁の数字にしたものを足し算することで見つけ出す数字になります。

たとえば、2010年3月14日生まれの人であれば計算式は2+0+1+0+3+1+4となります。この計算式を解いていくと11になります。この2桁の数字をまた1桁数字にして足していきます。1+1になるので2になります。この誕生日だと数秘術2になります。

ルートナンバー6がもつ意味

ルートナンバー、つまり数秘術6をもつ人はどんなタイプの人が多いのか簡単な性格判断のようなものをしていきます。絶対に当てはまるものは無いかもしれませんし、似た部分を見つけることができるところもあるかもしれません。

数秘術6について

  • 多くの人に慕われるタイプ
  • 頼られることが多いタイプ
  • 芸術の才能が多いタイプ

数秘術6をもつタイプの人というのは周りから頼られるタイプの人が多いとされています。ちょっとした何気ないことでも数秘術6の人ならば「なんとかしてくれる」と思われているのかもしれません。

ただ、頼られることばかりに慣れてしまう数秘術6をもつ人ですからついつい周りへの気配りに気を遣ってしまうことも多くなるかもしれません。

運命数6の天然石

ここでは、数秘術6をもつ人と相性の良いとされている天然石を紹介していきます。ほかの天然石よりも数秘術6のセンスをより引き立ててくれる石となるかもしれません。

数秘術6におすすめの天然石

  • ラピスラズリ
  • クンツァイト
  • サファイア

数秘術6をもつ人に特におすすめとされているのがラピスラズリだと言われています。もともと幸運をもたらせる天然石として有名ですが、悲しみから守るという意味も持つとされているため傷付くことがあったら頼りになる天然石とされています。

クンツァイトやサファイアは数秘術6をもつ人にとって相思相愛をもたらせてくれる天然石とされています。孤独な愛や片思いだけで悲しむのではなく、お互いに求め合う愛を欲する人におすすめとなるでしょう。

運命数6の人におすすめの組み合わせ

より数秘術6をもつ人が幸せになるために、おすすめの天然石の組み合わせを紹介していきます。

数秘術6をもつ人におすすめの組み合わせ

  • サファイア×水晶
  • クンツァイト×水晶
  • ラピスラズリ×クンツァイト

数秘術6をもつ人がこのような組み合わせの天然石を手にすることによってさらに幸運を招き入れると言われています。単独で天然石の幸運の効果があるとされていますが、相性の良い組み合わせをすることによって高い効果を得られるようになるでしょう。

6の性格特徴とスピリチュアル的な意味

数秘術6をもつ人の簡単な性格の特徴とスピリチュアル的な意味をお話ししていきます。簡単な性格判断とでも考えてもらえれば考えやすくなるでしょう。

性格特徴

  • 親切
  • 思いやりがある
  • 困っている人がいたら見逃さない

数秘術6をもつ人は他人のために自分の力を費やすことが多くなるかもしれません。自分よりも周りを大切にするため、自分のことを顧みてみることも良いでしょう。

スピリチュアル的な意味

どうしても周りに手を差し伸べたくなってしまうのが数秘術6をもつ人にタイプになるとされています。人の役に立ちたい、とばかり考えて過ごしているかもしれません。

ちなみに数秘術6をもつ人のラッキーカラーは藍色と言われています。