今回は、巳年の守護石をご紹介します。

巳年の守護石その① オニキス

オニキスの意味・効果

漆黒の宝石、オニキス。ギリシア語で爪や縞という意味の言葉が由来だと伝えられています。爪という言葉が語源である理由には、ある伝説があると言います。愛の女神アフロディーテが眠っているとき、キューピッドがアフロディーテの爪を矢じりで切り落とします。その切り落とされた爪を、運命の三女神が石に変えたという言い伝えです。

そんなオニキスは強力な魔除けや邪気を払うという効果があると言われています。 過去のトラウマなど根強いネガティブなエネルギーを断ち切る力が強く、身に着ける人にバリアを張っているかのような効果なのだとか。自分自身からのエネルギーだけでなく、周囲の人からの嫉妬や怒りといったエネルギーからも守ってくれると言われています。

石言葉

  • 邪念や邪気を祓う
  • 精神力を鍛え抜く
  • 運動能力の開発
  • 忍耐力を高める
  • 夫婦和合

どんな人におすすめ?

オニキスにはとにかく誘惑や不安な気持ちなどを遠ざける力が強いので、何かを達成させようと言う方の精神的なサポートをしてくれると言われています。忍耐力、自制心といった何かをやり遂げるときに必要な気持ちや、理性的な思考力、強い意志といったことまでも支えてくれると言います。ですから、周囲の意見に振り回されがちという人に、特におすすめです。

さらに、古くから縁切りの石とも呼ばれているオキニスは、苦手な人を遠ざけたり、不要な縁を切る効果もあると信じられています。とにかくネガティブなエネルギーに影響を受けやすい人が身に着けると良いと言われているのです。

巳年の守護石その② ヘマタイト

ヘマタイトの意味・効果

鏡のように光を反射させるシルバーブラックの宝石が、ヘマタイトです。鉄分を多く含む鉱物ということからか、古くから血液に関して良い効果を持つと信じられてきました。このヘマタイトをすり潰すと、赤く血のような色になることからも血液を連想させたのかもしれません。血の石という別名もあるヘマタイトは、赤血球を活性化し全身の酸素の供給量を高めてくれるとも言われていて、生命力を向上させると信じられています。

どんな人におすすめ?

ヘマタイトは身体に活力を与えてくれる石として知られています。しかし、身体だけでなく精神面でもサポートしてくれます。自立心や自尊心を高めてくれるので、自分に自信が持てるようになるのです。特に、自分自身をアピールすることが必要な人におすすめの守護石。

さらに、身代わり石とも言われているヘマタイトは魔除けの効果も信じられてきました。身に着ける人に危険が迫っているとき、色が変わり教えてくれるのだとか。身体的にも精神的にも活力をみなぎらせてくれるというのがヘマタイトの特徴なのです。

パワーストーンを選ぶときの注意点

オキニスは、表面に光沢や艶があって傷や凹みが無いものが良いとされています。色合いでの差はほとんどないそうです。一方、ヘマタイトを選ぶときポイントになるのが、原産地です。ヘマタイトの主な原産国はイギリス、ブラジル、イタリア・エルバ島の三か所。原産地によってやや特徴が違うと言われています。実際に手に取ってみて今の自分に合うなと感じるものを選ぶと良いといいます。

守護石の正しいお手入れの仕方は?

オキニスは水に弱いので水洗いはNG。さらに紫外線にも弱いので、浄化する際には日光浴も避けましょう。お手入れ方法としておすすめなのは、柔らかい布で乾拭きすることです。浄化したいときは、クラスターの上に置く、いぶしたセージの煙にあてる、月光浴です。

そして、ヘマタイトのお手入れ方法。ヘマタイトには鉄分が多く含まれています。ですから、水に弱いという性質があるようです。お手入れするときには水洗いせず、着け終わってはずすたびに乾拭きするときれいに使えます。さらに浄化するときも、水は避けましょう。クラスターの上に置く、いぶしたセージの煙を当てる、日光浴、月光浴での浄化がおすすめです。