パワーストーンの中では定番ストーンで、だれでも何にでも合わせやすく迷ったときは水晶で大丈夫!と言われているほどポピュラーな水晶

一見ガラスにも見えてしまう透明な石なので見分け方がわからないとの方が多くおられるようです。

今回は水晶とガラスの見分け方や違いについて説明していきます!

水晶ってどんな石?

では水晶の特徴をまとめていきますので覚えていくと役に立つと思います。

水晶の効果

水晶は見た目も凛と澄んだ輝きのあるとても魅力的な石です。そのイメージ通り強い浄化能力があり、邪気を払いのけて気持ちをすっきりと正常に保つ作用があるものと言われてます。

パワーストーン初心者でも取り扱いやすいストーンですが、プロのヒーラーさんたちにからは「万能選手」と言われているほど高バランスで使いやすいストーンのようです。古くから呪術、祈祷などにも使われているのも理解できますね。

水晶の偽物が多い理由

水晶は非常に入手しやすくポピュラーにいろんな形があるので採取もしやすいのが水晶です。他のストーンに比べると数も多く生産されるため価格もお手頃な商品が多く出ていることから、見た目がそっくりなガラスが偽物としてでまわってしまった原因のようです。

ガラス玉と水晶の決定的な違い

水晶もガラスも同じ二酸化ケイ素でできている物体ですが、水晶は結晶しているものです。ガラスは結晶などしてません。成分が同じであっても硬度や重さに電熱性は全く異なります。

結晶ってなに?

では結晶とは何のことなのか、どのようなことを言うのかをまとめてみます。

  • 等軸
  • 正方
  • 六方
  • 斜方
  • 単方
  • 三斜

この6つに分類されているのも結晶と言います。そして水晶は同じパターンで組み合わさっているので先端がとがったテイル六角形の形になるものです。

水晶の偽物を見分ける方法

本物なのか偽物なのかを見分ける方法は実は簡単にできてしまいます。

感触で確認

触って冷たいものが本物の水晶です。本物の水晶は素早く熱を外に出すことができる性質をもってますが、ガラスは一度熱をくわえると温かくなっていきます。本物の場合はしばらく触っていても冷たいままですので見分ける際は手の上にしばらくのせておくとよいでしょう。

重さで確認


重さも全く違います。水晶はずっしり感がありますがガラスは軽いものです。持ち上げた時に軽いと感じるようならガラスの可能性が高くあります。

見た目で確認

水晶をとおして遠くを見ると一定のところで二重に折れたようになって見えるところがありますので、細い糸やひもなどで確認してみてください。そのままの状態で見えるようでしたらガラスの可能性が高いでしょう。

本物の水晶の値段とは?

他の石は採掘量が少ないときがあったりなかったりとその時によって価格変動もしやすいものですが、水晶は比較的採掘しやすい石ですので価格変動がよくあるものではありません。ブレスレットを10㎜玉で作った際の基本的な価格は4万円ほどです。安くても3万円ほどです。もう少しちいさな石で作ったとしても1万円を切ることはありません。

安価なものは偽物の可能性が高いので注意してから購入するようにしてください。