クンツァイトをご存知ですか?パワーストーンが好きな方はぜひ知っていていただきたいパワーストーンです。

今回はクンツァイトがもつエネルギーや意味、また石がもつ効果を高めるコツについてを詳しくまとめていきますのでぜひ参考にしてください。

クンツァイトがもつといわれるエネルギー

クンツァイトの名前は1902年にこの宝石を発見したティファニーの副社長のジョージ・フレデリック・クンツ博士 から来ているそうです。まずは、このパワーストーンがもつと言われるエネルギーを解説します

エネルギー1:トラウマ解消

クンツァイトは心にたまったトラウマをとりのぞき、真実の愛に出会えるといわれています。

過去のトラウマにがんじがらめになっている心と精神を和らげてくれ、解消してくれるといわれているのがクンツァイトがまず1つ目にもつエネルギーと言われてます。

また、恋愛がうまくいかないときや、異性に対して抵抗を感じるなど愛情の不安も解消してくれると言われています。

他にもある!クンツァイトがもつエネルギーの特徴

エネルギー2:幸せへの手助け

トラウマが解消されると新たな人生が動き出すといわれてます。

幸せへの道のきっかけを作ってくれるといわれているクンツァイトですので、恋愛に対して不信しか持てない方にはとてもおすすめできる石です。今あるものを整え穏やかな心に導いてくれる作用があるといわれてます。

色が変わるって本当?

クンツァイトは、非常に色がデリケートな石といわれています。

これは、変色ではなく退色のことです。アメシストを太陽にさらすと変色するようにクンツァイトは太陽光に非常に弱く、長時間太陽の紫外線を浴びると退色するといわれてます。蛍光灯の光でも退色する場合があるようです。そのため、クンツァイトを持つ場合は、長時間日の光が当たる場所での保管はやめておいたほうが良いでしょう。

クンツァイトの効果を高めるコツ

コツ1 相性のいい天然石を一緒に付ける

クンツァイトは硬度が高い割に縦に割れやすい石なので取り扱いに気をつけてあげましょう。

効果を高めるには相性の良いロードクロサイトローズクオーツを一緒につけることもおすすめできます。

コツ2 マメに浄化をする

また浄化をまめにしてあげることでより効果を発揮してくれるといわれてますので、毎日さざれ石で休息をさせてあげると良いでしょう。水と日光には弱いので避けてあげてください。流水で少し流すくらいでしたら大丈夫です。

クンツァイトの相場&おすすめの購入方法

店頭で自分の目で見て「この石がいい!」と思えた石を購入することが良いでしょう。適当に選ぶのではなく、インスピレーションを大切にして選んであげてください。長いお付き合いになることでしょう。価格帯は石の状態にもよりますが3万円以上の石が良いのではないかと思いますよ。