パワーストーンブレスレットやアクセサリーは、男性・女性問わず身に着けられるアクセサリーです。

一方で「ダサい…」「似合っていない…」と言われることも。素敵なアクセサリーをダサくならないように身につける方法、かっこいいパワーストーンブレスレットを紹介します。

パワーストーンを身につけた男性がダサいと言われる理由

自分ではオシャレだと思って身につけていたのに「ダサい!」と言われるとショックですよね。ダサいと言われる原因を、女性目線で考察しました。

デザインが似合っていないから

パワーストーンのデザインは非常に重要なポイントです。男性がよく身につけている数珠のような見た目のものや、ゴツ過ぎるデザインのものは「おじさんみたい」と女性は思うそう。どの服装でも同じブレスレットを身につけているなど、服装に合ったデザインではないことも。

ジャラジャラ目立ちすぎているから

いくつものパワーストーンを重ねづけしていたり、ギラギラとしたデザインのものはあまり女性に女性に好まれないようです。男性がたくさん着けていると「願掛けがすごい」「スピリチュアルにハマり過ぎていそう」と敬遠されることも。

パワーストーンを身につけた男性に対する女性の意見

意見その①

『男性も女性も似合っているなら別にいいと思います。あまり派手なのはどうかと思いますが…。個人の自由ですからね。』

意見その②

『ファッションでつけているならいいと思う。男性が身につけがちのあまりにも数珠っぽいのはどうかな。』

メンズにおすすめ!見た目がかっこいいパワーストーン

身につけるのであれば見た目がかっこいいパワーストーンを取り入れたいですよね。ここでは、男性向けでオシャレと言われているパワーストーンを紹介します。

オニキス

オニキスは、真っ黒な見た目をしています。特に男性向けのパワーストーンブレスレットに使用されており、邪気払い、厄除け、精神的なサポート効果を持ちます。ビジネスのお守りとしても役に立つでしょう。

クリスタル

クリスタルは透明なため、さまざまなパワーストーンと組み合わせることができるでしょう。黒色、紺色、青色など濃い色のパワーストーンとも色の相性がよく、透明のパワーストーンを入れることで、見た目の重さも解消できそうです。

ブラックルチルクォーツ

ブラックルチルクォーツは、ルチルクォーツの中では希少性が高く、パワーストーンを知っている人の目を引くでしょう。ブレスレットにひとつブラックルチルクォーツを取り入れるだけで、オシャレさとめずらしさに注目が集まりそうです。

ダサくならないパワーストーンの組み合わせ

パワーストーン同士を組み合わせるなら、ダサくなく、おじさんぽくないデザインのものを身につけたいですよね。ここでは、スマートに見えるダサくならないパワーストーンの組み合わせを紹介します。

オニキス ✕ ブラックルチルクォーツ

オニキスとブラックルチルクォーツは同じ黒系のパワーストーンです。黒色でまとまりを出しながら、ブラックルチルクォーツのさりげない高級感がアピールできそうです。この2つの石の中に、ブルーキャッツアイなどを入れても男性向けのオシャレなデザインになりそうです。

ラピスラズリ ✕ クリスタル

ラピスラズリは紺色のパワーストーンのため「黒じゃ見た目が重たい」「目立ったデザインにしたい」という方におすすめです。クリスタルを入れることで、カジュアルなファッションにも合いそうです。オニキスやモリオンの黒色のパワーストーンを入れることで、シックなデザインにもなりそうです。

パワーストーンをおしゃれに見せるコツ

「ダサい!」「おじさんっぽい!」と言われても、どうすればオシャレに見えるのかわからない…。そんな方はこの2つのポイントを押さえてみましょう。

石と石の間にロンデルを入れる

ロンデルとはリング型のパーツで、パワーストーンブレスレットでは石と石の間に入れることもあります。ロンデルを入れることにより、デザイン性がアップし、いかにもパワーストーン、数珠という雰囲気を少なくできるでしょう。

重ねづけをしない

いろいろな効果がほしいからといって重ねづけをしすぎるのは、ダサさに繋がるでしょう。きれいなアクセサリーをさりげなくつけることで、オシャレさを出すことができます。

パワーストーンをしている男性芸能人もいる!

テレビや雑誌を見ていると、パワーストーンを身につけている男性芸能人は意外と多いですよね。その人を見ていると「かっこいい!」「自分も着けてみたい!」と思うかも知れません。

芸能人が身につけているとネット上では、誰が何の石を着けているか意外とわかるもの。好きな男性芸能人とおそろいのパワーストーンを身につけるのもいいかもしれません。