素敵なパワーストーンをプレゼントされると「そのまま身につけても良いんだろうか?」「浄化はやっぱり必要なの?」と戸惑ってしまうことがありますよね。

そこで、人からパワーストーンをプレゼントされたときにすべきことを紹介します。

人からパワーストーンをプレゼントされた!

プレゼントされたそのままのパワーストーンを身につけても良いのかどうか迷ってしまうもの。そこで、パワーストーンをプレゼントされた後に注意したい必要なことを紹介します。

パワーストーンの意味

多くのパワーストーンにはそれぞれ意味と効果を持ちます。愛情運、仕事運、対人運、金運といった多くの効果が期待できます。

そして、パワーストーンはただ置いておくだけでなく、身につけて持ち歩くことで効果を発揮するようです。近年はアクセサリーとして人気も高まっています。

注意点

人からパワーストーンをプレゼントされたときには注意したいことがあります。

一度人の手に渡ってしまっているものなので多かれ少なかれ負のエネルギーが染みついてしまっています。負のエネルギーが染みついてしまっているままパワーストーンを使っても効果を発揮しにくいため、パワーストーンには一度浄化する必要があります。

一度でも人の手に渡ってしまうと、人の持つ体温や人のまとうオーラからエネルギーを吸収することがあります。そのなかには、マイナスのエネルギーも存在しているものでパワーストーンをプレゼントされたことによってそのマイナスエネルギーを受け継いでしまう形になります。

そうならないためにも、プレゼントされた後には浄化することをおすすめします。

パワーストーンをもらったらすべきこと

パワーストーンをプレゼントされたら一度浄化してあげましょう。これは、人の手に渡ったことによって吸収された負のエネルギーを浄化する意味があります。

おすすめの浄化方法

プレゼントされたパワーストーンを受け取ったらおすすめしたい浄化方法を紹介します。

お手入れその① 水晶

さざれ石の水晶の上にプレゼントされたばかりのパワーストーンを置くだけでおこなえる浄化方法です。この浄化方法によって、不浄なオーラや負のエネルギーを跳ね飛ばすことができるので真っ白な状態になり、パワーストーンが持つ本来の効果を期待できるようになります。

お手入れその② 月光

清らかな月の光にあてる浄化方法でプレゼントされたパワーストーンを浄化します。夜、月の光にあたる場所に置くだけで良いので忙しく過ごしている人でも可能な浄化方法です。本人は寝ている間にパワーストーンは浄化されていくためストレスを感じることなく日頃からパワーストーンの浄化ができます。

石の効果があがる身につけ方

  • ブレスレット
  • お守り
  • ネックレス

石の効果を少しでも高めたいと考えている人には普段から身につけやすい方法がおすすめです。性別問わずに身につけやすい方法は、パワーストーンをブレスレットに組み入れたアクセサリーを身につける方法です。指輪の一部として取り入れることもできますし、ネックレスにパワーストーンが使われているものも増えてきています。

また、お守り効果が高いパワーストーンであれば神社で購入できるお守りのなかにパワーストーンを入れて持ち歩くことでパワーストーンの効果を発揮できるようになります。

おすすめの保管方法とは

パワーストーンの保管方法について紹介します。多くの人たちは、棚の上や太陽光や月光にあたる場所に置いて保管します。しかし、パワーストーンによっては太陽光が苦手というものもありますから日陰を選ぶこと、衝撃に弱い硬度の弱いパワーストーンもあるので周囲にぶつかってしまうものがない場所に選ぶようにしましょう。